新大久保観光企画/not shinjuku but shinjuku

(韓流や華流、いやいやそれだけじゃない、多国籍な街!、でも最近銭湯にハマっています)

【渋谷銭湯巡り#2、第二かねき湯】「アットホームで地域密着型、そして電気ビリビリ」180817金

なんかやっと暑さがやわらいでこのまま秋がくるのかしら。

風が強いし、気持ちいいね。なんか乾燥しているからすごくなんでもよく乾く。

そんでも渋谷区の二つめ。

十二社通りを過ぎて、それから水道道だよ。オペラシティの横を通るというパターン。
まあ、この辺はよく知っています。

自転車でシャカシャカ。
角筈を曲がって、特捜にもでる幼稚園の横を通って。

あれ、閉店した変わった自転車屋さん、また営業を開始している、なんか店の中は自転車をいじっている店主さま。へーー、あとでフェイスブックをチェックしておこっと。

そして、山手通りを渡って、ロッテとかデニーズとかのよこを通って。と。

ずーっと行くと、右側に1000円のアジアン料理のバイキングの店、ここを左入ってぐるっと左に回ってトンネルからでると右側に第二かねき湯。おお、新しい感じマンション一体型。だよ。

へー住宅街ですね、この辺、住所上は渋谷区本町ですね。

はい、レンガ造りのかねき湯さん。入場。

おーロビーも広め。

サウナはあるみたいな感じだけど、故障しているんです。
と、んー、やっぱ管理が大変なのかなあ。

レンガで作った感じの落合の福の湯パターンだ。

脱衣所に入場。
普通だなあ、昨日のような激しい貼り紙はないですね。
渋谷区はみんなあんな感じの貼り紙があるのかなと思ったりもしたんですけど。

はい、すっぽんぽーん、とタオルで入場。
立ちシャワーでしゃー。

ジェット系のチェック。あんまり穴の数がないけど、ふくらはぎを刺激するジェットはあるかな。

横になってみるとあった。これは垂直タイプだな。

水風呂はない。ちょっと熱めだな。

そんでもってあんまり興味のなかった電気風呂がある。
ここに入ってみよう。

うおおおおおおおおお、これビリビリの周波がすごい、なにこれ。
電気風呂ってこんなんだけ。

「最大5分でお願いします。湯あたりしないようにきをつけてください。」と。

電気風呂と湯あたりは別だろ、と思いながら。

これビリビリがすごいよ。
右肩が痛いから、ここだけあててみよ。

おおお、ビリビリ、すげーー。気持ちいいというか痛いけど、効きそう。

電気風呂ってこんなだっけ。もういっかいいっちゃう。

ちょっと肩が痛いときいいかも。40肩とか。50肩とか。

そんでもって、なんかきになる貼り紙が。

「12時半には締まります」
「12時10分には浴場をでてください」
とか。

なんか閉店時間を守らない人が多いのかしら。

はい、ビリビリやりまくって、終了!!

なんか肩治ったかも。いいーねえ、電気風呂ってこんなだけ(三回目)
強さが銭湯さんによってだいぶ違うのかしら。

第二かねき湯の電気風呂はすげーよ。まじで。
ほかはスイッチ式なのかしら。

そんで脱衣所にいって、ふきふき。
12時半にはしまりますと。

すいません、まもります、まだ大分先だけど。

そしてロビーへ。

自販機でポカリスエット。ソファーな感じがいいです。
番台のテレビとロビーのテレビの音がシンクロ。

アイスの自販機のうえにも
「12時半に締まります」
と、すみません。守りますから許してください。

そういうことで終わり。。

この通り、図書館もあるんだ、ちょっと寄ってみよう。

本町図書館。
1階に、ちょろっと。キレイな図書館。

居酒屋ぼったくりがあるなあ。厚揚げの回があった。
あ、椎名誠がいっぱいある。
昔は岳物語とかよんだけど、それ以来あんまり読んでないなあ、よもかな。

ということで風呂上がりの読書もいいかも。

今日はここまでで、ありがとうございました。



【渋谷銭湯巡り#1、羽衣湯】「新宿の次は渋谷、まずはほぼ新宿の羽衣湯」180816木曜

今日も暑かったよ、そろそろ涼しくならないかねと。
そんでもってもう新宿の22カ所ぜんぶいったから、一旦銭湯めぐりやめようかと思ったのですが、

もうちょっと続けたらと、ご意見いただきました。(ウソ)
ありがとうございますもう少し続けます。

そういうことで、新宿の中心部にもっとも近い。落合地区よりも近いところ。
かつて十二社温泉があった十二社通りの近く、羽衣湯。

自転車でシャカシャカ、まあ、ここは迷うことなく、へー、こんなところにあるんだ、でもなんだかこの辺地形がおかしいなあ、へー。暗渠もあるね。

そういうことで到着、おおお、なんとなくもうスーパー銭湯だなあ、全然銭湯ぽくない外観。
しかも駐車場も複数台あるし。こんな新宿に近いのに。

はい、入場。回数券でよろしくお願いいたしまーす。1000円だから、540円ですね。
おー普通ですね、60ぐらいの若いおかみさん。ありがとうございました。ちょっと安心、いままでの経験上。。。(失礼
なんかタオルセットと勾玉みたいなプラスティックの。あ、これ、知ってる、不正防止で、ひっかけて開けるヤツだ。
はい入場。

脱衣所に入りました。おおー広いです。
でもなんか気になる貼り紙があるが、まあ、あんまり気にしないで考えないで。
はい、浴場の方へいこ。
自動ドア、でがーーっと。

何コレ、いきなり階段、お、どんどん、階段。階段階段。なにこれ、こんなに階段で登る銭湯ははじめてだ。

はい、到着。やっと到着。おお、これなんだこれ。浴槽関連が逆L字というか。
左側が洗い場のラインこれがL字で少し湾曲している感じ。左投手のカーブみたい感じでならんでる。へーこんなのみたことない。

まず立ちシャワーでしゃー。

そして、まず一番手前は、なんの変哲もない、普通のお風呂熱め。みたいのがある。
じゃぼんとな。そして2つ飛ばして、一番奥のジェット関連。おお、まあ、そんなに広くないでけど。
ふくらはぎはないような。でも普通のジェット。
で、となりは何かしら。
おおお、これ本物の露天風呂だ。上がスカスカだ。天井がなんか円い。

しかも、雨が降った時用の、山笠がおいてある、なんだこれ。みたことない。
でも気になるなあ、また貼り紙、この貼り紙、怒っている。

そして、サウナ、「勾玉」でひっかけてあけて、おお、広い、しかもテレビがある。
しかもリモコンもある、おおお、いーね。
いままで、リモコンまであるのははじめてかも。

おおー熱くなった、そしたら水風呂へどぼーーん、、
あんまり広くないけど、といっても、最近いったところが広かったからかも。
2人は入れるね。

これ4セット。
あーよかったよかった。
そして、ここ、サウナの人専用の休憩室もある、何コレはじめて。
ゴルゴが日光浴のときにつかうようなデッキチェア、横になるヤツにサウナのタオルがしいてある。
それが9席くらい。
しかもテレビがあるここにも。もうこれサウナじゃないの。
でもここにもかなり個性的な貼り紙がある、あんまり茶化しちゃいけないので、内容は自粛します。

ということで、キレイでよかったここいいなあ。
新宿ランキング1位の弁天湯よりも良いと思う。ここほぼ新宿なのに。

そして、着替えて、ロビーを覗いたら、ええ、何コレ。
マンガがすごーーーい。
どんだけあんだよ。しかも本まである、ここにどんだけ滞在してもいいのかな。
なんか駄菓子も売ってるし。

そういうことでわたしはここで終了。
スタンプラリーのQRコードのポチッと。

でたら、レインボーカラーの都庁が見えてきた、
藤圭子の住んでたマンションもみえてきた、
そして十二社通り。

昔、竜二のロケ場所になった薬局があったところや組事務所もここだなあと思いながら。

ああ、この辺、道が少しキレイなっている、時間はどんどん流れていきますねえ。

はい、今日はここまでで。
(↓インスタのリンクで複数の写真あります。)








【新宿銭湯巡り#22、塩湯】「とうとう来たよ、塩湯。新宿の最後は四谷だよ、」180815水曜

いやあ今日もあつかたよ、たまらんかった。

お盆真っ最中に、こんなに銭湯回っているヤツいないよね、そろそろ誰かほめてくれ、
とうとう22カ所目、新宿区最後の銭湯だよ、誰かほめてくれないのかしら、ほめてくれるのは妹と元部下と飲み屋のねーちゃんがプル型でほめてくれるだけだよね、
「すげーだろ」
「すごいよね」
と。
ま、いっか。好きでやってんだもの。

ということで、とうとういくよ、塩湯。なんちゅう名前。

近くの公園の脇にバイク停めてさっさと、しんみちの近くだね、ここ。
おおお、良い感じだね、いきなり入口に庭園みたいのがある。なんだこれ。
ガラガラガラ、と引き戸。おお、なかの感じは、昭和感あって熱海湯と一緒かな。

古い感じだね、番台あって、、わあ、第三玉ノ湯さま、依頼のヨーダ様系の方どっかりと。

お、でも、サウナがあるんだ、後付けぽいけど。
はい、サウナ入るので回数券の差額支払いまーす。とワタシ。

するとヨーダ様
1000円だから、差額540円です。
はい、じゃあ600円とワタシ。

おつりは40円ね。
ん、え、まあいいや。
もうヨーダ様、腰が曲がっててて、なんか番台なんだけど、ワタシに上目遣い。
目の下の膨らみがもう人生の先輩感満載、その膨らみはイチンチフツカのもんじゃないわよ、という貫禄っぷり。
本当にご苦労様です、すいません。ワタシが悪かったです。

はい、きびすを返して、
はい、脱衣所で服ぬいで、タオルいっちょですっぽんぽーん、

立ちシャワーあびて、
まずジェット系。よっこらせ、、ふくらはぎを刺激するジェットはあるかなあ、
とジェットに背を向けて座る姿勢、おおお、んん、
これふくらはぎを刺激するジェットが片方の足だけだ、片方故障かな。

もう一個あるから、横にずれて、ジュー、ジャー、おお、こっちもふくらはぎを刺激するジェットは
片方だけだ、んん、なんでだ。

まいっか。

そしてサウナへ。
へーー、あんまりみんな使わないみたい。広めで、キレイ。

そして、熱くなったら、水風呂へどぼーーん、
おおお、いいね、ヒャッホー。

と思ったら、貼り紙。
「潜らないでください、溺れていると思われますので」と。
すいません、たまに潜っちゃいます。
蛇口がお湯とお水と二つ水風呂のところにあるんだけど。蛇口が回せるようになっているのはお湯だけ。お水は回すヤツ外されてる。
水が減っている感じするんだけどなあ、ま、いっか。

サウナ⇒水風呂のゴールデンサイクル、これサイコー。
これ、4セットくらい。やりました。
なんか壁面の絵があるけど、これ富士山じゃない、どこだろ。水風呂ナナメに入りながら。
でもなんで塩湯っていうんだろ。

とか思いながら、上がりまーす。
あーきもちかった。とワタシ。

で、着替えていたら。

おお、ランニングマンの団体さん、入場。ガラガラガラ。
「おばさん、○番ね」
とかいってる、置きお風呂セットしてるのかしら。
いーね、
皇居グルグルで、皇居から近い銭湯になるのかしら。
ジョグリスのシャワーよりもこっちよ、なんて思っているのかしら、なんちゃて。

最後に、おばちゃん、QRコードのやつありますか、とかなり言いづらかったけど、
言ったら、すぐでてきた。
心配してすいませんでした。

ということで、新宿区、終わりました、22カ所。
もう結構大変だったので、一旦銭湯めぐりはやめておこうかなとも思っています。笑

今日はここまでで。

(↓インスタ貼り付け。クリックするとインスタにとんで複数の写真あります笑)












【新宿銭湯巡り#21、熱海湯】「神楽坂どまんなかの熱海。これはもう昭和の遺跡。でも風呂桶はケロリンではなくモモテツ」の巻、180814火曜

今日も暑かった、
そんななか早めに用事を終えて自転車でえっちらおっちら。

今日は四谷にいこう、塩湯に行こう。とえっちらおっちら。
えーまじか本日はお休みですって。

まじか急遽変更、あとは熱海湯だ。
飯田橋のほうへえっちらおっちら。理科大の水のしぶき受けながら。

Googleマップ先生のいうとおりに歯医者の歯のオブジェのところを曲がってものすごい細い道にはいる。


おお、ここが熱海湯。もう神楽坂どまんなかですね。
こりゃすごい。

えーっと、すごい、なあ、超オーソドックス、昭和な感じ。
あとで調べたら、嵐の二宮くんのドラマにでてきたらしいです。

はい入場。
おおお、もう中身も昭和、いままで一番昭和かも。

ロッカーのうえには、戦艦のミニチュアがのっている、大和なのかそれとも長門とか、わたしそんなに詳しくないので、すいません。

えっと、風呂に入る前にトイレはどこかなあ、っと

おお、なんか廊下があって、そのまえに引き戸があってなんか昔な、そっちのほうへ出て行くタイプ、

おお、でてみたら、庭園のなかに池がある、金魚も泳いでる、そんなのないですねいままで。
馬場の庭園の多いところ以来かな。

ほんでもって、トイレ突入、おおおお、昭和だよ、扉が木で、カギが積み木の細いのをずらすみたいなやつ、しかも和式で、疑似水洗のような、右上にくさりがあって、これをひくと便器のそこの蓋がぱかっとひらくやつ、すげー、久しぶりにみた。
これ高齢者のかただめじゃないのかしら。

はい、それで浴場のほうへ入りまーす。
普通に立ちシャワーはありますね、

えっとあとは、サウナなし、水風呂なし、ジェットあり、くらい、、
洗い場は真ん中のラインは鏡なし、久しぶりにみた、このタイプ。

でも、黄色い桶をちょっととってかけ湯をしようとしたら、底に、「モモテツ」って。
おおケロリンではないの。

お、さすが神楽坂。実はゲーム会社が多いところなんですよね。
アトラスとかもありましたよね。これは珍しい。

そういうことで、はい。
もう地域密着で、風呂から上がったおじちゃんと番台のおばちゃんがずっとしゃべっている。
2歳のこ、どうしたんだろね。とか消費税は大変だよね、とか、あそこの兄ちゃんどうした、とか。
もう地域密着。すごい、ここまでくると。

部外者のわたし、からだを拭いて、コーヒー牛乳飲んで、QRコードを撮影して、おお。
やっとここまできました21カ所。あと新宿区は1カ所まできました。

あと1カ所、がんばります。待っとけよ塩湯。


【新宿銭湯巡り#20、ゆーザ・中井】「やっと来たぜゆーざ中井、期待裏切るなよ、となりはカーサ中井というマンション」の巻、180813月曜

今週は空手の稽古ないのよね、お盆休み。
なので、ジョギング軽めの運動だけ。あとは、体幹鍛えるやつ少しやって。
さあ、今日も銭湯行こう、といってもだいぶ来たなあ、新宿区あとは3つ4つしか残っていない。

そうだ、今日こそ、長谷川京子。ゆーざ中井だよ。ストビューでは、ここバイク止められない感じ満載だけど、しょうがない、さすがにこの時間でここは自転車ムリだよ。

そんでもって、びゅーん。到着。そいで店に沿って駐車。
おー、さすがな門構え、名前からして、これスーパー銭湯だよね、と誰もが、。

はい入場。えっとサウナも入りたいんですけど。回数券片手に私。
「じゃー、600円いただきます。」お、やるね。
いままで最高額かも。

そりゃスーパー銭湯なみの設備だろ、裏切るなよ、と私のこころのなか。

はい脱衣所入場。
お、何コレ、なんか長方形の脱衣所、狭めだよ。これ。
ん、と。まあ、いっか、タオルいっちょですっぽんぽーん、、、

はい浴場のほうへ入場!!

おおお、やるね、すごいね、何この開放感。何コレ。
お、浴槽のところの壁にテレビがある、これはじめて、大阪梅田のサウナでこーゆーの見たことあるような。音声はなし。そして、ジェット系がすげー、充実している。
なんじゃこれ。静か系ではなく騒がし系、浴槽内に音が響いてる。この騒がしさ落合福の湯以来だよ。
わたしはまずシャワーで汗を落として。

ざっぷーん。おおーーいくぞ、こっからジェットにもまれるぞーと私。

なんかここではジェット系とかの特殊機器については、なぜか全部エステと命名されているなんだそれ。

下からぶくぶくは、バイブラエステ
横からの単独強烈ジェットは、ハイパワーエステ、
ふくらはぎを刺激するジェットを含む6点攻撃は、セブンエステ、なんだこれ、7つめは冷たい金属の枕のことか。
筒状の四方八方からジェットが来る奴は、ボディエステ、
ほーーー、全部エステなんだよ、ここは、なんだよ文句あっかよ。赤尾敏。

ということで、全部制覇したあと、サウナだよ、高温サウナ、ここは、なんかプラスティックのでかい引っかけるカギがあるタイプで入室するタイプ。不正防止ですね、いままでこのパターンは2つめです。

がちゃっとな、おおお、テレビあるし、広いし。
いいねえ。これ600円の価値ありますね。
もうサウナのサウナだよこれ。銭湯のサウナじゃないよ、これ。
ひろいねえ、いままで一番広いかも。

はいそして、水風呂ざっぱーーーん、ここは定員2名で、サウナ以外の人も好きみたいで競争率が高い。でもいーや、ざっぱーん。
最高だね。

サウナ最高、水風呂最高。
昭和歌謡も人間交差点もないけど、まあ、テレビあるしいいや。

そんでもってはい4セットくらいで終ーーー了。

楽しかったです。
もっと時間が早いとなんかこの商店街で買い物もできたかもですけど、遅いですからね。
はい、スマホのスタンプラリーもやって、ありがとうございました。
帰ってからビール、ううーーーー、いーね。
それから俺たちの勲章、最終回、泣けるねえ、片桐夕子に桜井浩子、そして吉行和子だよ、泣けるねえ。しびれるよこれ、この犯人の脇役の人もユーメーな人よね。くーー、っとな。
あ、終わっちゃった。
はい明日から俺たちの朝だよ、鎌倉だよ江ノ電だよ、おやすみーーー。

新宿銭湯リスト


(↓こちらはインスタのリンク)








【新宿銭湯巡り#19、竹の湯】「普通と思いきや”全部入り”かも。あとはサウナの位置とルールにびっくり」の巻、180812日曜

日曜日、少しだけジョギングして、それからそれから銭湯。
新宿区もあとだいぶ少しになってきました。ゆーざ中井にするか竹の湯にするかそれとも別のにするか、遠いので自転車はきついけど停めるところないので、やはり自転車。

すると、どうしよう、神楽坂方面で竹の湯にしました。でも神楽坂方面とはいわないかな、個人的には、山吹町方面、早稲田の奥の方方面ですね、なんか言い方あるかな。
おっちらえっちら、戸山ハイツのところの坂が一番しんどい。まあ電動自転車なので大丈夫ですけど。

大久保通りを行って、早稲田通り行って、昔良く行ったカラオケバンバンの前通って、また山吹町方面、リンガーハットのところ通って、右の細いところ入ってクネクネ。こないだの金成湯の前通って。

おー出てきた。竹の湯。マンション合体型ですね。新しいのかしら。

はい入場、こちらも傘をしまう木のやつがあります。靴同様。これはどっかのブログによると珍しいようです。

サウナもあるようですね。回数券との差額は470円。なるほど回数券の原価がそうですからね。普通は900円みたいです、込み込みで。

はい入場。おお、普通。普通。竹だけに、そりゃ普通だよ。竹だからね。
結構脱衣所は広めかも。でもあれ、なんかがおかしい。
脱衣所の端に廊下があって、ベンチがあって、その先にサウナ(高温)がある、なんだこれ、サウナに入るときは脱衣所の横(端っこ)の廊下を通るパターン。

これは初めてだ。なにこれ。

ま、とりあえず浴場にどーん、入場。
お、まず目に入ったのは、なんだ浴槽は全部紫色。なんだ今日はラベンダー湯の日だそうで。

すげー、全部がそうなる銭湯は初めて。一部だけが薬草湯みたいな感じになるのはよくあるけど。
まず立ちシャワーでうほーっとなってから。

そんでもって、まずジェット。お、ここはボディマッサージという筒状のヤツがある、これ大好き。
四方八方からのジェット全身をマッサージ。強烈なヤツ。うひょー。しかもお湯はラベンダー。
そしてとなりのオーソドックスのジェット、さて、ふくらはぎを刺激するジェットはあるか、
おーあるねあるね。いーね。
さらに端には、打たせ湯みたいのがあって、グレーのプラスチックーのイカのお化けみたいのがあって、肩こりにいいですって、ありました。でも水圧たいしたことない。いつかの強烈な落合福の湯の打たせ湯に比べたらたいしたことはない。

そんでドアの近くには森林浴というのがある、これはなんだ、水蒸気サウナ、ですね。
ふーん、入りました。あんまりキレイじゃないですね、なんか下水のにおいもするしちょっとやだな。でも無料です。これは。

それで、サウナ、やはりサウナ。
右側の別枠のドアから出て廊下通って、サウナ室へイン。
おー広めですね、三段あるかな。そんで先にいた兄ちゃん、わけーの。頭にタオル巻いて、ビッグコミック読んでるよね、いいのかしら、これ、サウナ歴の長いわたしからするとこれ禁止行為だよね、と思いつつ。

なんか入口に変な貼り紙があったような、そして一旦外に出て確認。
「こちらのマンガ・雑誌はサウナ用です」
と、何それ。サウナでマンガ・サウナを読んで良いのかね。おおおおおびっくり、ブラーのデイモンアルバーンとグレアムコクソンが仲直りしたぐらいびっくり。

へー初めてだよそんなの。
じゃー私は何にしようかしら、よく見ると週刊のマンガ雑誌かあとはほとんど鬼平犯科帳だよ。グラビアがある週刊の漫画はやめとこう。年甲斐もなく変な感じになったら大変なので。
でも鬼平犯科帳がすごい好きなんだね主人が。多い多い。それか神楽坂あたりは鬼平犯科帳にでてくるのかしら。

わたしはそーだなーどれにしようかな。
あ、人間交差点が一冊あった、これなら知っているし。
ぺらぺらと、まあ、こちらも新宿が満載の人間交差点、暗い話だよね、いつも。
でもわざとらしさは、なんか最近みた、アマゾンプライムの深夜食堂と似ていると思うはわたしだけかしら。深夜食堂は思ったよりもホント面白かった。平田薫とか大好き。
そんなこと思っている内におおもうだめ熱くて大変。カラダが。。

ということで、サウナのあとは水風呂へ、おおー水風呂、これ広い、こんなのみたことない。
これ4−5人入れるんじゃないのかしら、L字のベンチが水槽のなかにあるようなイメージ、詰めれば5人座れる。
ん、なんか貼り紙発見。「こちらで大きな奇声を発しないでください、近所の迷惑となります。」
おー、いーね、やはりでかいから、ひとりで、じゃぶーーん、とやるヒトが多くて、
しかも、「ヒャッホー!!」っとブラーのSong2よろしく奇声を発するヒトがいっぱいいたんですね。この貼り紙はインスタ映えするよ絶対。でも誰も撮影はできないだろな。笑。

そして、サウナ、水風呂を3セットぐらいやって、おしまーい。
脱衣所へ。

いや、ここもしかしたら、個人的には弁天湯超えかもしれない、まず水風呂のでかさ、サウナでの雑誌OKさ、あとはボディーマッサージという筒状の強烈なジェット。そしてでかすぎる水風呂。
コミケも良いけど竹の湯もね、と。
かなりいいですね。サウナと水風呂好きにはいいですよここ。

あとは、番台(フロント)の横にでっかり緑色の装置があって「森林浴発生器」ってあったんだけど、なんだあれ、水蒸気サウナのところになんか送っているのかしら。ググったら撮影したヒトいるんですね、ヤフー知恵袋にもあった。マイナスイオンなのかしら。

そんでもって着替えOK。
はい、スタンプラリーもらってOK.
ありがとうございました。

ロビーは少しだけあったかな。でも脱衣所が広いのがいい、テレビがあるし。
ビールは売ってなかったかな。でも普通と思ったら違います、かなり設備充実してます、かなり。
あとここしかない「サウナルール」ご経験あれ。
帰ってからはビール。beeraftersento,最高ですね(↓インスタの写真クリック)。





【新宿銭湯巡り#18、金成湯】「無料の水蒸気サウナと熱めの湯、でも水風呂ナシ」の巻、180811土曜

今日もなんだかんだ暑かった。ちょっとだけ池袋をうろちょろしたら汗だくだった。
暑かった暑かった。

特段今日はトレーニング的なことなしで。プールもジョギングも空手の稽古も行ってないけど。
銭湯行かなきゃ。

今日はどこへ行こうかな。段々少なくなってきた、新宿も、もう18コ目。
神楽坂の金成湯だな、行きやすさなら。

大久保通りをバイクでビューン。グーグルマップ先生のいう通りにグルグル。
これまたわかりにくなかったけど、昨日よりはすんなり、コインランドリーの隣あたりにバイク止められてラッキー。ストビューでもあったからなんとなく。

はい、入場。ここはサウナは無料みたい。

古い感じもしないけど、そんなに新しい感じもしないですけど、うーん、銭湯のにおい大好き。
はい入場。

おー結構お客さんが入っている、いま19時ぐらいだけど。若い人も多い。珍しい、まわりは住宅街ですからね。

はい浴場のほうへ突入。

おー、ジェットもあるり、ふくらはぎを刺激するジェットはすわるタイプ。薬湯もあり。

そして、サウナへ入場。あ、これ水蒸気のタイプだ。なんか石みたいな椅子があって、腰のあたりちょろちょろお湯が出てくる。へー珍しい。

でも水蒸気だからあんまり熱くはないですね、でも無料だからOK.。
あ、水風呂ないんだ、あー、ショック。

でもいいです。ジェットにもどぶーん。
角度によると脱衣所にあるテレビがみえる、これは珍しい、脱衣所のテレビが境界線上とかじゃないんですよね。
湯船の向かって左側ならテレビが見えるなこれ。
水風呂ないからシャワーでの冷温法、3セットぐらいでおあがりでーす。

まあまあな感じでした。水蒸気サウナの無料がポイント高いですね。
あと、風呂の温度が他より結構高いかもここ。

そしてそして着替えました、
はい出ます、
QR コードポチッと。
はいありがとうございました。
ここはロビーはなしですね。ないほうが最近は珍しい。万年湯のをロビーというかは別として。
のれんが可愛いですね。
ありがとうございました。




【新宿銭湯巡り#17、福の湯(落合)】「レンガ造りで充実セットのサウナと垂直型ふくらはぎを刺激するジェット」の巻、180810金曜

今日も暑かった、でもちょっとだけ稽古に行こうかなと、でもまだ早いから、どうしようかな、
腹空きすぎた、だからちょっとだけたべちゃおかな。
えっと、どうしよう、この辺なら、昭和軒しかない炒飯ラーメンセット。

そして稽古、えー、今日お休みなの、ショック。どうしよ。
じゃーもう銭湯だな、バイクでビューン。

どうしよう、じゃあ、福の湯、落合の福の湯、目白通り目指してビューン。

山手通りに入ってビューン、そしてちょっと曲がったら、ココですとグーグル様。
うーん、全然みあたらないんっだけど。どこなのよ、どこなのよ、
グルグル。わーー、ここなのか、この細い道。
バイクは止められないねえ。ちょっと遠めでとめてテクテク。
これだけでだいぶ汗。

はい入場、昔ながらな感じですねえ。

え、サウナあるんですね。差額340円。安いですねえ。
え、それに、プラスチックの桶にシャンプーとリンスと石けんが入っている。そして、バスタオルと普通のタオル、こんなに充実したサウナセットは初めて、普通は、バスタオルとタオルだけなんだけど。
弁天湯は、ここからひとつ取ってといって、小さいシャンプーとかひげそりとかを選択するパターンもあるけど。

はいタオルいっちょで入場。おー、きれいじゃないの。へー。
まずジェット系。おおお、これふくらはぎを刺激するジェットあるんだけど、横になるパターンでジェットがあるのは初めて。普通は座るタイプなんだけど。
なので名付けて垂直ふくらはぎジェットだね。下からでてくる。

ほんでもって、サウナへ突入。
こちらも厳しい貼り紙ありですね、お金払わずサウナ入ったら次回から入場自体を禁止しますって。へーこわい。
でもまーまーひろいです。そして出てみて水風呂、、と思ったら、水風呂がない、、、これから良いサウナあるのに。こりゃサウナ好きにはマイナスポイントですね。
それとも高齢のかたがいるから水風呂やめてるのかな。
なので、わたしは、水シャワー、、それの4セット。
でもレンガ造りでなんかキレイなサウナだなあ。

はい出まーす、脱衣所に戻りました。お、自販機がある。ここには一つだけ350のスーパードライがある。おお、こういうパターン。

はい、でてからQRコードお願いしまーす。
ロビーも広めで、テレビもある。
古い感じだけどキレイなロビー。ありがとうございました。

ここは目白通りに近いから、このあとに飲みやさんとかも行けそうでいいですね。


【新宿銭湯巡り#16、第三玉の湯】「ヨーダ様と超広いサウナと水風呂最高」の巻、180809木曜

ーいやあ今日も暑かった。稽古も疲れた。ちょっと稽古の数を増やしていこうかと今日も稽古。
今日は、基本稽古、移動稽古、型中心で。スパーリングとかミットとかなし、てまあ良かった良かった。熱くて死にそうだったけど。生きて帰ってきた。

さてと、今日の銭湯は、どうしよう。場所的には、目白、下落合の福の湯なんだけど、でももう改装に入ってしまうから、やっぱり第三玉の湯、なので大久保通りとひたすらまっつぐ。ばーん、でもバイク止められるかしら心配だわ。
手前に自転車置き場があるのは知っているんだけど、あそこがすいていたらとめられるんだけど。

ばばばーん、ととばして。おお。自転車置き場すいてるわ。よかったあ、、バイク駐車OK。もう夜の10時ぐらいだもんね。お達者な方はあんまりいないからかしら。

はい、そして入口へ。はい下駄箱登場。
はいオッケー今日は男女比率(黒赤比率)は普通だわ。

はいフロントへ。あらお婆ちゃん。もう眠そう。なんか失礼ですけどインパクトあります。アラレちゃんのニコちゃん大王か、スターウォーズのヨーダか。

えっと、サウナあるんですか。えっと回数券があるんですけど、サウナ入る場合は、差額いくらですか?とわたし。

うーん、そうねーー、とヨーダお姉様。
現金だと両方で1000円なんだけど。600円でいいわよ、

ん、と私、でもいーや、はい600円。
でも計算おかしくないかしら、460円が通常料金。。。、まいっか。

はい、脱衣場、いきまーす、はい。なんか、入口から角度的に見えちゃうことないかしら、ま、いっか。
いやあ、キレイキレイ。天井も高い。ロッカーは、なんか上が斜めの天板になっててモノおいたら落ちてくるシステム。これは、ビルの横にあるシステム、駐車されないような防御対策みたいな。

はい、タオル1枚ですっぽんぽーん、浴場に入場。
うわーこれまたなんか広いような、富士山の絵もすごいなあ。
ひっさしぶりだね、こんな立派な絵があるところ。

まずシャワーで空手の汗を流してから、ジェット系へどっぼーん、おおーすげー深い。
しかも熱い。いーね、熱いが好き。
2つのうちひとつは、ふくらはぎを刺激するジェットあり、だ。おおお。
あとは、薬湯、どぼん。

そして、サウナへ突入。おおお、ここ広いや。なにこれすげー広い。三段プラス、入口にも。
しかも貼り紙(プラスチック)があって、サウナのタオルを持っていない人がいちら告発してください、と。やるね。
ここのサウナいい。広い。

そして、隣に水風呂。が、なんと定員3名だ。こんなのみたことない。ここはサウナに力入れているのかしら。サウナ、水風呂の交互を3セット。これで今日の稽古の筋肉痛が治るのでは。

はい終了。最後にシャワー。えーっときょろきょろ。
ここはビールはないですね。脱衣所にはテレビあり。
しかもロビーもあり、でもテレビの方向は番台のヨーダ姉さんの向き。

いやあ、でも設備もいいし、キレイだし、なんで改装(内装)するのかしら。
もっと「疲れている」感じの銭湯はやまほどあるのに。

でも設備はいいなあ。サウナと水風呂の広さはいままで一番ですね。
あとでもバイクの止めやすさは弁天湯だな。サウナもあるし、回数券2枚でいいし。

それでは今日はここまでで。(サウナの差額料金は、番台の人次第で変わるかもしれません笑。)




【新宿銭湯巡り#15、梅の湯(落合)】「ガリウム石温浴泉とサウナにはカエルの置物ふたつ」の巻、180807火曜

今日もあんまり暑くはなかったけど、まあ、適当にいろいろ切り上げて。

今日も銭湯。昼は豚珍館のロースカツ食べちゃった。うまかったけど、腹苦しい。

あのバッタみたいなオヤジはいないけど、息子さんなのかなあ、なんか店の雰囲気は相変わらず殺気立ってて、厨房のなかもなんか怒ってた、髪を後ろで結っているおじさん。



まあそんなことはどうでもいいか。



さて、まだまだ落合地区は銭湯があるんですよね、みんなすきだから成り立ってるんですかね。

でもとってもいいこと。銭湯はよく考えたらもう都会の温泉だと思いますよ、ちゃんと残さないといけないと思います。



早稲田通りをひたすら自転車で走ります、なんか最近よく通るなあ。

全然関係ないけど早稲田通りのウルムチって店気になるなあ、ウイグルアンドトルコ料理ってなんだよ。



ということで、今日は梅の湯。名前からして、松竹梅だからなんかあんまり設備的にもどうなのかしらとか心配。



いきなり下駄箱のところでギョッとなる。何故か数字の印字が赤いのと黒いのがあるんだけど、黒いのが異常に少ない、コレは何、男の子は黒よね、なんか4対1ぐらい違う数。黒の15番を選択。

女性のお客さんが多いのかしら。



はい、入場。オーソドックス。脱衣所内にテレビあり。トイレは和式だったわ。世の中高齢化しているのに。

でも注意書きに貼り紙も少なめ。いいね、キレイで清潔な感じ全体的に。



はいすっぽんぽんにタオル、入場。

ジェット系はいつものとおり、おーあるねあるね。ふくらはぎもあるやつじゃないのいーね。

ここは、左側は結構熱い、右側は普通。昨日と違って。ちゃんと熱い。

そして奥にいくと、なんだこれ、ガリウム石、ラドン温泉のもとです、なんとか先生がどうのこうのって。へーー。(あとでネットでひくと川崎の銭湯がでてきて、銭湯界では有名な先生らしいです。)

そんでもって、キョロキョロ、え、サウナあるの。いってよ。

一旦でて、小さい窓から番台の人にサウナ入りまーす。と。370円ですって、へー安いですね。



するとサウナのなかの電気がつきました、おおーー結構広め。3段だ、これは珍しい。でも敷いてるのはサウナ用の黄色い敷物じゃないけど、まあいいか。

そんでもって何故か小窓のとこにカエルの置物ふたつ。なんだこれ。窓のところに。窓からは浴場内が見える。



熱くなったら、水風呂。これは定員1.5名ぐらいですかね。ざっぷーん。これを3セット。

身体の疲れがこれでなくなります。と信じてます。

水風呂って最初は苦手だったんですけどね。



はい、でまーす。ジャバーん。終了。

脱衣所に戻ります、自販機とかはないですね。なんか全体的にすっきりしている。

でも無料のオープンラックの置きロッカーはあるんですね、あんまりキレイじゃないですけど。

やはり顧客の囲い込みには必要なんでしょう、しょうがないですね。



はい、のれんくぐって、すいませーん、銭湯のスタンプラリーのQRコードよろしくお願いしまーす。

はいパシャリ。もう15コまできた。。



ありがとうございました。



はい今日はここまでで。






新大久保観光企画の使い方
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
For nonnative
for nonnative (I wrote)

for nonnative: web "google translate" below
translate Here
アクセスカウンター

    Recent Comments
    ご意見・ご要望
    皆様からのご意見・ご要望は shinookubo@gmail.com (スパム防止のためこのメルアドの@は大文字です)
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    天気予報




    J-CASTニュース
    楽天市場
    amazon
    • ライブドアブログ