新大久保観光企画・いつも駅は大混雑

(韓流や華流、いやいやそれだけじゃない、多国籍な街!、でもワタシは最近銭湯にハマっています)

新大久保状況-141112

- 寒くなってきました
- 大久保駅で人身事故があったようです。
- すき家が大久保駅側、新大久保駅側、いずれもあまり入っていません。
- 新しくできた大久保通りの明治通り寄りの家系も店がガラガラです。
- 鈴長クリーニングは何かできるのでしょうか。
- お米屋さんのあとはテナント募集となっていました。
- 太陽にほえろ!で職安の向かいのいまのセブンイレブンの隣りぐらいには、当時薬局がありました。
最近までやっていました。いまは韓国系の銀行のところでしょうか。

新大久保が好きな6つの理由

ある人に聞かれました、新大久保の好きなところはどんなところですか、と。
いやあ、そりゃあ大好きです。

- 1■新宿に近いところが良い、伊勢丹に自転車でいけます。
伊勢丹の地下街なんて、さんざん駐車場に入れるのにイライラしたうえでさらにあんな人混みになんて気が狂います。出かける前に何を買うか決めておいて、自転車でしゃかしゃか、伊勢丹の駐輪場に止めて、行き帰りで1時間かかりません。

- 2■気取っていません。
麻布だの白金だのように気取っていません、唯川恵いわく、新宿のいいところは本音の街。
新大久保も同様。そんなに高い賃貸マンションも高級スーパーもありません。しゃれたカフェもなければ、セレクトショップもありません、気取っていません。
昔ながらのアパートもあって、東新宿には、北の国からにでてきた銭湯もまだあります、マルエツもありますし、生協のスーパーもあります。喫茶店は、ルノアールでしょうか、ドトールでしょうか。セレクトショップよりもリサイクルショップが多いです。

- 3■日本有数のラーメン屋が近くに多数。
馬場(高田馬場)や小滝橋通りが近い、これすなわちラーメン好きにはたまらないです。日本で有数のラーメン屋がひしめいています、こんなよいロケーションはありません。
味噌ラーメン派なら、馬場の純連、魚介系ならくぼ田、魚介と動物系の合わせなら武蔵、辛いのは中本、背脂系なら丸井のとこの青葉も好きです。最近では、馬場のやまぐちもいいですね。

- 4■意外と静か、空気はきれい。
板橋とか笹塚とか中野とか、申し訳ないですが、ちょっと幹線道路、産業道路が実は近い、トラックがどかどか通る。板橋は川越通り、笹塚は環七、中野は山手通り、近くにそんなでかい道路は新大久保近辺にはない。明治通りもありますけど、その3つよりはかわいい感じ。大久保通りも小滝橋通りも細い。なので静かだし、トラックは少ない。
小道を入ればそれは静かで住宅地ってのは、いくらでもあるけど、実は幹線道路、産業道路が近くにあるっていうのは、精神衛生上よくないと思います。
それに、新大久保は新宿御苑までがんばれば歩いて行ける。あそこで肺の空気の入れ換えができる。あんなよいところありません。

- 5■多様な文化が混在
いまでは韓流で有名かもしれませんが、インド料理、タイ料理、ネパール料理、ビルマ料理、ベトナム、モンゴル、もちろん中華系、イスラム系の店もあります、昔ながらの蕎麦やさんもあります。こんなにいろんなアジアの店、こんなに多くの民族がこんなに狭い地域にいるのは珍しいのではないでしょうか。なんと楽しいことでしょう。

- 6■うつになりません。
多様性に加えて、とにかく変化が早い、開店しました!ってやっている店が3ヶ月でつぶれたのもみたことがあります。新しい建物も次々と建ち、中学校も公共施設も例外なくスクラップアンドビルド。それを繰り返します。それは進化ではないのかもしれませんが、ことごとく昔の思い出が破壊され、新しい思い出が生まれ、それが他の街の何倍も早い。
よい思い出も悪い思い出もことごとく古くなって、新しいものが上書きされ続ける、気分の落ち込むひまありません。

さあ、どうでしょう、新大久保大好き!(^o^)

新大久保状況-141109

-やはりキーワードは多様化です。だから新大久保が好きなんです。
-7daysショップという紺色の同じ看板の店が大久保通りに2つできています。
-やはり盛好堂のおじさんは感じがよくて好きです。
-大久保駅側のくいしんぼは、裁判の影響は大丈夫なのかしら。
-やはり河内屋が一番安いと思います。
-でも伊勢丹の明太子のからいたれ付きのが好きです。
-太陽にほえろで松田優作が職安通りの職安に、とんかつ屋の前に車とめて、きたことがあるなんて、ちょっとうれしいです。
-やはり寒くなってきたら、プテチゲが一番うまいと思います。カムジャタンもいいな。

今週録った太陽にほえろは昔の職安通りが満載

今週録った太陽にほえろは、面白い。
昔の職安通りがたくさん映ります。いまのコリアンタウンとはほど遠い。
というか昔の繁華街と住宅街の中間の感じそのまま。

ゲスト出演は伊東四朗、元スリの失業手当で生活するいまでいうプータロー。
ニセ刑事をやって人助けをしているという。

よく出てくるのは、昔の西大久保1丁目、いまの歌舞伎町2丁目。
区役所通りとオスロの通りの間の通りらしきところがよくでてくる。
確認できたのは、今のハナマサの向かいの通り、ちょっと違いすぎて自信がないのですが、
ハナマサのところは大昔(1974年1月ぐらい?、放送は4月)は、セメントとかの建材の店で、その右は、食堂みたいな感じ。

IMG_8796










ハナマサ前













いやあ、違うかな。。。

そしてラストシーンは、失業している伊東四朗が失業手当を職安にとりにいくというとこと。
もう時間がない、どうしよう、どうしよう、という話。
伊東四朗を乗せて竜雷太と松田優作が車を飛ばして、職安通りの職安へ。
軍艦ビルをバックに、とんかつや前ぐらいに猛スピードの急ブレーキの横付け。
コリアンタウンの面影ない風景。そして、くるっとまわって、職安通りの入り口、
新宿という文字は見切れている、職業安定所の文字。後ろに富士そばはなくなんか古い建物。

涙でそうになりました。昔が懐かしい。
J-CASTニュース
新大久保観光企画の使い方
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
For nonnative
for nonnative (I wrote)

for nonnative: web "google translate" below
translate Here
アクセスカウンター

    Recent Comments
    ご意見・ご要望
    皆様からのご意見・ご要望は shinookubo@gmail.com (スパム防止のためこのメルアドの@は大文字です)
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    天気予報




    楽天市場
    • ライブドアブログ