新大久保観光企画・いつも駅は大混雑

(韓流や華流、いやいやそれだけじゃない、多国籍な街!、でもワタシは最近銭湯にハマっています)

【新宿銭湯巡り#16、第三玉の湯】「ヨーダ様と超広いサウナと水風呂最高」の巻、180809木曜

ーいやあ今日も暑かった。稽古も疲れた。ちょっと稽古の数を増やしていこうかと今日も稽古。
今日は、基本稽古、移動稽古、型中心で。スパーリングとかミットとかなし、てまあ良かった良かった。熱くて死にそうだったけど。生きて帰ってきた。

さてと、今日の銭湯は、どうしよう。場所的には、目白、下落合の福の湯なんだけど、でももう改装に入ってしまうから、やっぱり第三玉の湯、なので大久保通りとひたすらまっつぐ。ばーん、でもバイク止められるかしら心配だわ。
手前に自転車置き場があるのは知っているんだけど、あそこがすいていたらとめられるんだけど。

ばばばーん、ととばして。おお。自転車置き場すいてるわ。よかったあ、、バイク駐車OK。もう夜の10時ぐらいだもんね。お達者な方はあんまりいないからかしら。

はい、そして入口へ。はい下駄箱登場。
はいオッケー今日は男女比率(黒赤比率)は普通だわ。

はいフロントへ。あらお婆ちゃん。もう眠そう。なんか失礼ですけどインパクトあります。アラレちゃんのニコちゃん大王か、スターウォーズのヨーダか。

えっと、サウナあるんですか。えっと回数券があるんですけど、サウナ入る場合は、差額いくらですか?とわたし。

うーん、そうねーー、とヨーダお姉様。
現金だと両方で1000円なんだけど。600円でいいわよ、

ん、と私、でもいーや、はい600円。
でも計算おかしくないかしら、460円が通常料金。。。、まいっか。

はい、脱衣場、いきまーす、はい。なんか、入口から角度的に見えちゃうことないかしら、ま、いっか。
いやあ、キレイキレイ。天井も高い。ロッカーは、なんか上が斜めの天板になっててモノおいたら落ちてくるシステム。これは、ビルの横にあるシステム、駐車されないような防御対策みたいな。

はい、タオル1枚ですっぽんぽーん、浴場に入場。
うわーこれまたなんか広いような、富士山の絵もすごいなあ。
ひっさしぶりだね、こんな立派な絵があるところ。

まずシャワーで空手の汗を流してから、ジェット系へどっぼーん、おおーすげー深い。
しかも熱い。いーね、熱いが好き。
2つのうちひとつは、ふくらはぎを刺激するジェットあり、だ。おおお。
あとは、薬湯、どぼん。

そして、サウナへ突入。おおお、ここ広いや。なにこれすげー広い。三段プラス、入口にも。
しかも貼り紙(プラスチック)があって、サウナのタオルを持っていない人がいちら告発してください、と。やるね。
ここのサウナいい。広い。

そして、隣に水風呂。が、なんと定員3名だ。こんなのみたことない。ここはサウナに力入れているのかしら。サウナ、水風呂の交互を3セット。これで今日の稽古の筋肉痛が治るのでは。

はい終了。最後にシャワー。えーっときょろきょろ。
ここはビールはないですね。脱衣所にはテレビあり。
しかもロビーもあり、でもテレビの方向は番台のヨーダ姉さんの向き。

いやあ、でも設備もいいし、キレイだし、なんで改装(内装)するのかしら。
もっと「疲れている」感じの銭湯はやまほどあるのに。

でも設備はいいなあ。サウナと水風呂の広さはいままで一番ですね。
あとでもバイクの止めやすさは弁天湯だな。サウナもあるし、回数券2枚でいいし。

それでは今日はここまでで。(サウナの差額料金は、番台の人次第で変わるかもしれません笑。)




【新宿銭湯巡り#15、梅の湯(落合)】「ガリウム石温浴泉とサウナにはカエルの置物ふたつ」の巻、180807火曜

今日もあんまり暑くはなかったけど、まあ、適当にいろいろ切り上げて。

今日も銭湯。昼は豚珍館のロースカツ食べちゃった。うまかったけど、腹苦しい。

あのバッタみたいなオヤジはいないけど、息子さんなのかなあ、なんか店の雰囲気は相変わらず殺気立ってて、厨房のなかもなんか怒ってた、髪を後ろで結っているおじさん。



まあそんなことはどうでもいいか。



さて、まだまだ落合地区は銭湯があるんですよね、みんなすきだから成り立ってるんですかね。

でもとってもいいこと。銭湯はよく考えたらもう都会の温泉だと思いますよ、ちゃんと残さないといけないと思います。



早稲田通りをひたすら自転車で走ります、なんか最近よく通るなあ。

全然関係ないけど早稲田通りのウルムチって店気になるなあ、ウイグルアンドトルコ料理ってなんだよ。



ということで、今日は梅の湯。名前からして、松竹梅だからなんかあんまり設備的にもどうなのかしらとか心配。



いきなり下駄箱のところでギョッとなる。何故か数字の印字が赤いのと黒いのがあるんだけど、黒いのが異常に少ない、コレは何、男の子は黒よね、なんか4対1ぐらい違う数。黒の15番を選択。

女性のお客さんが多いのかしら。



はい、入場。オーソドックス。脱衣所内にテレビあり。トイレは和式だったわ。世の中高齢化しているのに。

でも注意書きに貼り紙も少なめ。いいね、キレイで清潔な感じ全体的に。



はいすっぽんぽんにタオル、入場。

ジェット系はいつものとおり、おーあるねあるね。ふくらはぎもあるやつじゃないのいーね。

ここは、左側は結構熱い、右側は普通。昨日と違って。ちゃんと熱い。

そして奥にいくと、なんだこれ、ガリウム石、ラドン温泉のもとです、なんとか先生がどうのこうのって。へーー。(あとでネットでひくと川崎の銭湯がでてきて、銭湯界では有名な先生らしいです。)

そんでもって、キョロキョロ、え、サウナあるの。いってよ。

一旦でて、小さい窓から番台の人にサウナ入りまーす。と。370円ですって、へー安いですね。



するとサウナのなかの電気がつきました、おおーー結構広め。3段だ、これは珍しい。でも敷いてるのはサウナ用の黄色い敷物じゃないけど、まあいいか。

そんでもって何故か小窓のとこにカエルの置物ふたつ。なんだこれ。窓のところに。窓からは浴場内が見える。



熱くなったら、水風呂。これは定員1.5名ぐらいですかね。ざっぷーん。これを3セット。

身体の疲れがこれでなくなります。と信じてます。

水風呂って最初は苦手だったんですけどね。



はい、でまーす。ジャバーん。終了。

脱衣所に戻ります、自販機とかはないですね。なんか全体的にすっきりしている。

でも無料のオープンラックの置きロッカーはあるんですね、あんまりキレイじゃないですけど。

やはり顧客の囲い込みには必要なんでしょう、しょうがないですね。



はい、のれんくぐって、すいませーん、銭湯のスタンプラリーのQRコードよろしくお願いしまーす。

はいパシャリ。もう15コまできた。。



ありがとうございました。



はい今日はここまでで。






【新宿銭湯巡り#14、松の湯(落合)】「強烈打たせ湯とトルマリン湯とハーブミント湯の段々畑」の巻、180806月曜

いやあ、今日は曇っているから多少涼しいかと思ったら、そうでもなかった。
いやあ、疲れた疲れた、肩こった、それでは銭湯に行きましょう。
何しろ残りは遠いところは落合方面。あの辺、沢山あんのよね。しかもバイク止められないから自転車でとろとろ。
今日は、落合駅の近くの松の湯めがけていきます。
だんだん慣れてきたわ、落合方面、馬場から抜けて早稲田通り、小滝橋通り行って、山手通りというパターン。
今回は、交差点の近くなのですぐわかりました。
あんまり門構えが大きくないので、ちょっとわかりにくいけど。はーい、入場。
フロントは少しせまいですね。ロビーもない感じ。

はい突入。
おー、なんと、きれーな感じ。ロッカーもキレイ。
でも昔の瓦がなんか飾ってある。スポーツ新聞と境界線上のテレビもあり。昔ながら。ヘアドライヤーはただなのね。へー。貼り紙も少なめ。

はい、すっぽんぽんで浴室エリア入場。。おー、なかはなんか古い感じ。。。

へー、あんまりお客さんいない、し、なにこれ、なにこれ、湯船が段々畑だよこれ。みたことない。
中央通路が階段状になってる、なんだこれ。

中央通路があって、一番左上が唄背(うたせ)湯だって、強烈な勢いで打たせ湯がどばどば、なぜか、シャワーカーテンがある。「集中」できるようになっているのかしら。これを閉めてお経でも唱えるのかしら。それしても強烈。もう滝ですよ滝、このお湯の量と勢いは。
しかもここ熱めの湯とかいてあるけど全然熱くない。

そしてその下はトルマリン湯、マイナスイオンですよと。お湯が打たせ湯エリアからドバドバあふれて入ってくる。なんだこれ。なんかそのドバドバあふれてくるお湯の導線に筒状のものがあるんだけど、そこにトルマリンがあるのかしら。

そしてその下は、ミントハーブティーみたいなところにドボーン。
からだじゅうミントのにおい。蚊に刺されないようになるかしら。
そして、中央右側奥(打たせ湯の向かい)は水風呂、定員2名の大きめ、ざっぱーん。
その下のところは、なんかみたら、「塩の部屋」ってなにこれ、塩の塊がごろごろおいてある、ふーん多分これ昔は、サウナだなたぶん。サウナの抜け殻の部屋。

ちなみに、
最上段の打たせ湯の奥はもうおおきい窓があってあいてて、遠くのマンションとか見える。
いってみれば露天だねこれ。とにかく井戸水をくんでいるのかどうかわかんないですけど、お湯がどんどん湧き出て流れる大きな音が浴場じゅう響いてて、温泉みたいな感じでした。

私とあと2人くらいの先輩のかたしかいませんでした、この辺競争激しいと思います。
それもあるのかな。
でも、この銭湯、みたことない、段々畑。こんなパターンあんのですね。
脱衣所内のジュースのケースに淡麗辛口がありました。ビールじゃないのね。

そして、私、そして馬場にもどって、長崎飯店まっしぐら。
皿うどん合い盛りにビンビール、ぷはー、、いいねいいね。
これでいいのよ。銭湯近くの中津の唐揚げも気になったんだけど。

今日はここまで。


【新宿銭湯巡り#13、栄湯】「あの青白い照明と半露天って何かしら」の巻、180805日曜

-いやー今日も暑かった、午前中はプールに少し行ったけど。それからはグダグダ。
-夕方になったらさてと、今日も銭湯行かないと。

ー今日のレガスは一階は極真の審査会、二階は社交ダンスの大会。
社交ダンスの方々いやあ輝いてますねえ。
女性のかたの衣装ときたらケツ放り出してる系とかおっさんはみるからに絶倫に見えるし、いーねいーね。(失礼。

ーそんなことはどうでもよくて、だんだん遠くになってきました新宿の銭湯巡り。
昨日、迷いに迷った栄湯を探しに今日は自転車で。どうせバイクとめる場所なさそうな感じ、Googleストリートビュー見ても。
ーとりあえず、大久保駅のほうへ行って、小滝橋通り突入。
柏湯横目にシャカシャカ。
ー山手通りに結局入って、くねくねいってやっと到着、栄湯。
ーおーキレイだね。何コレ。入口から何から。最初に券を買うのは万年湯と同じパターン。あんまりないけど。でも回数券用意。へー、長袖のオリジナルTシャツ売ってるんだ。すごいなあ。
ーお、サウナはどうなのかと訊いてみると、週によって違うんですよと。お、これまた新パターン。今週は女湯のほうなんですよ。へー。
ーま、いっか。入場。おーキレイだね、なんか脱衣所からも見えるけど、青い間接照明的なのがすごい。
脱衣所もまたキレイ。注意系の貼り紙も少なめ。え、ロッカーが100円入れて戻ってくる、公営のプールぽい感じ。あと自販機にはこれまたビール有り。下のゴミ箱にはビールの空き缶2コ。やるね。
ーそして浴場のほうへ突入!
ーおーいーね。きれい。シャワーでまずカラダを洗って、ジェットバスへ突入ーー。
ん、お、これふくらはぎを刺激するジェットはなしだわ。やるね。あと中温と高温と別にある、これは珍しい。あと水風呂は定員2名パターン。
私は高温と水風呂の副交感神経刺激パターン。いつもの。
うひょー、いいね。これだよね。
そして、オプションのお風呂はここは、半露天。なんじゃそれ。
はい入場。なんか石のお風呂。石で作ったお風呂に窓がある、窓はなんか照明で照らされていて別に外が見えるわけでもなく。そして天井も開放されているわけでもなく。これが半露天。なるほどですね。
はい、私は副交感神経を十分刺激したので終了。ありがとうございました。
それにしてもキレイな銭湯。リニューアルしたばかりだから当たり前かもしれませんが。
ーそして帰って、おうちご飯とビール、いーですね。これでいーです。


J-CASTニュース
新大久保観光企画の使い方
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
For nonnative
for nonnative (I wrote)

for nonnative: web "google translate" below
translate Here
アクセスカウンター

    Recent Comments
    ご意見・ご要望
    皆様からのご意見・ご要望は shinookubo@gmail.com (スパム防止のためこのメルアドの@は大文字です)
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    天気予報




    楽天市場
    • ライブドアブログ