いやあ、今日は曇っているから多少涼しいかと思ったら、そうでもなかった。
いやあ、疲れた疲れた、肩こった、それでは銭湯に行きましょう。
何しろ残りは遠いところは落合方面。あの辺、沢山あんのよね。しかもバイク止められないから自転車でとろとろ。
今日は、落合駅の近くの松の湯めがけていきます。
だんだん慣れてきたわ、落合方面、馬場から抜けて早稲田通り、小滝橋通り行って、山手通りというパターン。
今回は、交差点の近くなのですぐわかりました。
あんまり門構えが大きくないので、ちょっとわかりにくいけど。はーい、入場。
フロントは少しせまいですね。ロビーもない感じ。

はい突入。
おー、なんと、きれーな感じ。ロッカーもキレイ。
でも昔の瓦がなんか飾ってある。スポーツ新聞と境界線上のテレビもあり。昔ながら。ヘアドライヤーはただなのね。へー。貼り紙も少なめ。

はい、すっぽんぽんで浴室エリア入場。。おー、なかはなんか古い感じ。。。

へー、あんまりお客さんいない、し、なにこれ、なにこれ、湯船が段々畑だよこれ。みたことない。
中央通路が階段状になってる、なんだこれ。

中央通路があって、一番左上が唄背(うたせ)湯だって、強烈な勢いで打たせ湯がどばどば、なぜか、シャワーカーテンがある。「集中」できるようになっているのかしら。これを閉めてお経でも唱えるのかしら。それしても強烈。もう滝ですよ滝、このお湯の量と勢いは。
しかもここ熱めの湯とかいてあるけど全然熱くない。

そしてその下はトルマリン湯、マイナスイオンですよと。お湯が打たせ湯エリアからドバドバあふれて入ってくる。なんだこれ。なんかそのドバドバあふれてくるお湯の導線に筒状のものがあるんだけど、そこにトルマリンがあるのかしら。

そしてその下は、ミントハーブティーみたいなところにドボーン。
からだじゅうミントのにおい。蚊に刺されないようになるかしら。
そして、中央右側奥(打たせ湯の向かい)は水風呂、定員2名の大きめ、ざっぱーん。
その下のところは、なんかみたら、「塩の部屋」ってなにこれ、塩の塊がごろごろおいてある、ふーん多分これ昔は、サウナだなたぶん。サウナの抜け殻の部屋。

ちなみに、
最上段の打たせ湯の奥はもうおおきい窓があってあいてて、遠くのマンションとか見える。
いってみれば露天だねこれ。とにかく井戸水をくんでいるのかどうかわかんないですけど、お湯がどんどん湧き出て流れる大きな音が浴場じゅう響いてて、温泉みたいな感じでした。

私とあと2人くらいの先輩のかたしかいませんでした、この辺競争激しいと思います。
それもあるのかな。
でも、この銭湯、みたことない、段々畑。こんなパターンあんのですね。
脱衣所内のジュースのケースに淡麗辛口がありました。ビールじゃないのね。

そして、私、そして馬場にもどって、長崎飯店まっしぐら。
皿うどん合い盛りにビンビール、ぷはー、、いいねいいね。
これでいいのよ。銭湯近くの中津の唐揚げも気になったんだけど。

今日はここまで。